レーシックについて

レーシック難民とか、集団訴訟とか・・・

色々とニュースで話題になります、メガネもコンタクトも無しで快適になれたらどんなに素晴らしい事か。スポーツや仕事の内容によってはメガネ・コンタクトはハンデになる場合もあります。

 

レーシックについての注意点や心配される合併症は検索すれば幾らでも出て来ますので、ここでは触れません。

またレーシック以外にもメガネから開放される選択肢として

「Orthokeratology」とか「ICL(眼内コンタクトレンズ)」などが知られています。

それぞれレーシックに対して優位な面もありますし、個別な問題点もあります。

 

ただここでお伝えしたい事は、レーシックにしろ何しろ「視力矯正」の手段である。ということです。

目の働きには、視力以外にも物を立体的に捕らえたり、見たい場所いに素早く目を移動させたりする「両眼視」という左右の目のチームワークの重要な働きがあります。

ここに問題がある場合、「視力矯正」術を行っても真の快適さは得られません。

 

どのような視力矯正術を選択するかの前に、それを行って快適さを手に入れられる目の状態なのか?

を知ることが重要です。

当店ではそんな「両眼視機能検査」を行っています。

参考に、ニュース等を張っておきます。

集団訴訟

まとめサイト

関連記事

空き状況

     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
2017年10月

ご来店のお客様へ

当店は完全予約制です。
ご来店をいただきましても出張などの対応で担当者が店を空けている場合がございます。
事前にお電話を戴くか、こちらから来店予約をして戴きますようお願いします。

WEBから来店予約

お電話:0574-49-6236